トップページ>うちわ用語集

うちわ用語集

オリジナル作成のうちわに関するあれこれをまとめた用語集です。下記をご参考下さい。

■丸柄

柄の種類であり、竹の円柱状の形をそのまま生かした持ち手になります。

■平柄

柄の種類の一つです。竹の管をうちわの幅に合うように縦に割り、削り整えた平らかな持ち手です。

■組

細く割った竹を縦横に交差させて編んだ骨に紙が貼られた柄です。三本組みの柄と、四本組みの柄で出来たうちわがあります。

■穂骨

うちわに地紙が貼られる部分の細い竹素材です。櫛のように何本も竹を細く割ることで扇いだときに柔軟性が発揮されます。

■糸山

穂骨の根元に位置する部分です。紙が貼られていないので竹がそのまま表に見える形になります。

■京団扇

京団扇は扇面と柄の部分を別々に作り、後から取り付けられる「差し柄」の構造を特徴としています。

元々は宮廷で用いられていた「御所うちわ」をルーツにしているため、柄の部分に漆や金彩をあしらうなど豪奢な装飾があしらわれることがあります。

■岐阜うちわ

岐阜うちわとは、岐阜県の伝統工芸品の一つとして知られています。もともとは長良川の迂回の見物に来る旅行客向けにお土産として作られたものであるため意匠が美しく、浴衣姿に合う定番のうちわとなりました。

岐阜うちわには以下の3種類があり、それぞれに強い特色があります。

■塗り団扇

地紙の表面に漆を塗って仕上げたうちわです。

原色を中心に鮮やかに染め上げられた紙に、黒や白でシンプルな絵柄や文字を描きます。漆の艶やかな表面が美しく、その小粋な外見から祭の定番うちわとなっています。

■水うちわ

水うちわには雁皮紙(がんびし)という非常に薄くて丈夫な和紙が貼られています。表面には天然素材のニスが塗られているので透明感があります。

ニスを塗り重ねることで防水加工され、うちわをそのまま水につけて扇ぐという涼の取り方ができます。

■渋うちわ

渋うちわには、漆のかわりに柿渋が塗られています。

柿渋には防腐剤の効果や、紙の強化、柿渋に含まれるタンニンによる色味の経年変化を引き起こす作用があります。使用していくにつれ味わいが増していくのが渋うちわの特徴です。

■日永うちわ

日永うちわは約300年前に旧東海道を行き交う旅人向けの土産物として、誕生しました。農家の人々が農閑期に作り始め大変好評を得たために全国的に広がるようになります。

うちわに使われている骨が46本と多いので弾力性に富み、柔らかな風を送ることができます。

うちわには美人画や鮮やかな図柄がよくあしらわれ、現在では洋風な図柄との相性のよさにも注目されています。

■平柄うちわ(丸亀うちわ)

香川県丸亀市で制作される団扇です。起源をいくつか持ち、現在は、男竹平柄が一般的なデザインになります。また、全国シェアの内、約9割を占めております。

  • 無料お見積り依頼
  • 無料お問い合わせ

うちわの作成や既製品に関するご相談・ご不明点などお気軽にご相談下さい。